夜はどうやって過ごす?海外ひとり旅の夜の過ごし方5つ

ひとり旅をするときは、どうしても時間が余ってしまうと思います。日本とは違う海外の夜、あなたはどうやって過ごしますか?

せっかく海外に来たんだから楽しみたいのは誰も一緒です!そこで、有意義な海外ひとり旅の過ごし方をご紹介します。

カメラを持って散歩をする

せっかく海外にいるのだから、ぜひ昼の顔と夜の顔を見てみましょう。

宿泊している近くを少し散歩してみるのも良いですし、夜の夜景や景色を見に行っても新しい発見ができると思います。カメラを持っていくと、思ってもみなかったものが撮れるかもしれません。

ただ、国や地域によっては日本のように安全ではないこともあるので、出かける際は治安情報のチェックは欠かさないようにしましょう。

屋台や夜市に行ってみる

特にアジアの地域では、夜市や屋台が盛んで人気です。「眠らない夜」ともいわれている地域もあるので、ぜひひとり旅の際には行ってみると良いかもしれません。

海外でしか食べることのできないものも食べることができますし、熱気に包まれた海外の環境を肌で感じてみるのは楽しいものです。

交流してみる

ユースホステルやバックパッカーに泊まっている場合、同じような環境の人たちと出会える可能性が高いです。

ひとり旅をしている外国人、日本人など、いろいろな国籍の人と出会えるでしょう。そんなときに大事なのは、そこで交流することです。同じような環境の場合は話しも弾みやすいですよね。

旅行の情報交換は当たり前ですが、一緒に出かけてみるのも良いかもしれませんね。

バーやレストランに行ってみる

ホテルには、バーやレストランが併設されている場合が多いです。そのため、夜はしっとりと飲んでみても良いかもしれません。

お酒が好きな人であれば、ホテルに併設されているのですから安心して飲むこともできるでしょう。ただ、飲み過ぎには注意です。

一人でゆっくり過ごす

せっかくひとり旅に来たのであれば、自分を見つめ直してみることも大事かもしれません。

夜は心が落ち着きますし、その分ひとり旅の意味を見つけることができるかもしれません。音楽を聴きながら過ごすのも良いですし、日記などに旅の記録を書いてみるのも良いでしょう。

最後に

いろいろと紹介しましたが、海外は日本とはまったく違います。いくら明るくて安全だと思っていても、ひとり旅であれば、何かあったときに誰も助けてくれません。なので、細心の注意を払いながら行動しましょう。

女性のひとり旅は最高の時間!そんな時間をみなさまに有意義に過ごしてほしいです。海外数カ国に滞在し、海外・国内旅行の経験からいろいろとご紹介します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする