【高知】水流と紅葉のコントラストが美しい「安居渓谷」への旅

安居渓谷

11月中旬、紅葉の絶景地を求め、安居渓谷まで赴きました。酷道(誤字に非ず)439号線からさらに7.6キロの道のりを車で進むこと30分、必死の思いで辿りつきました。道が細く険しいため、運転には注意が必要です。

やっとの思いで到着した甲斐があり、紅葉を見るのに絶好の時期でした。

安居渓谷

ごつごつとした巨石が並ぶ川沿いを、紅葉が赤く染めています。

紅葉

青空の下、色とりどりに染まった木々が出迎えてくれます。

紅葉の山々

安居渓谷に入って最初の見どころ、みかえりの滝。

みかえりの滝

渓谷には赤い橋も架けられています。蓬莱橋という名前なのですが、スズメバチが出るとのことで渡ることができず。これはちょっと残念でした。

赤い橋

紅葉が流れていく、安居川。

安居川
安居川

「仁淀ブルー」で知られる仁淀川の上流にある支流で、ここの青さもまた美しいと思います。

仁淀川の上流にある支流

紅葉に染まった安居渓谷をしばし散策します。

安居渓谷の紅葉

川のせせらぎに耳を傾けたり、紅葉に目を向けたりとのんびりとした時間を過ごします。

紅葉と川

乙女河原と呼ばれる場所。奥の方には沈下橋が見えます。

沈下橋

この安居渓谷の奥には「飛龍の滝」があるそうで、そこまで行くことにしました。看板によれば360メートルくらいの距離のようです。

飛龍の滝への道

石畳の道は緩やかな上り坂で、敷き詰められた紅葉のせいもあり、滑りやすくなっています。道も人がすれ違うのがやっとの細さ。ゆっくりと歩いて先へと進みます。

途中の小川にはあめご(※川魚)の群れが。手つかずの自然が残っています。

あめごの群れ

遠くから滝の流れる音が聞こえてきます。飛龍の滝にようやく到着です。

飛龍の滝案内板

荒い岩肌と白煙を上げる滝と紅葉のコントラストに、しばし見とれます。

飛龍の滝
飛龍の滝
飛龍の滝の別アングル
滝壺

飛龍の名に相応しい、力強さを感じられる滝でした。

旅データ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする