初海外必見!ひとり旅の前に海外のトイレ事情は知っておこう

海外のトイレ事情

海外旅行の心配事の1つ、あまり大きな声では言いにくいですが誰もが感じていること。

それは「トイレ」です。

何といっても日本のトイレは世界で一番最先端・清潔などと言われていて、日本に来る外国人観光客の方は、日本のトイレに感激して帰国するとの話もよく聞きます。

そんなトイレ先進国(?)に住む日本人が、海外へ行ったらまずはその国のトイレ事情が気になると思います。

人間の生理的な部分ですので、避けて通ることもできない海外のトイレ事情をご紹介します。

国によってトイレ事情は違う

「海外」と一言でいっても、文化や言語、習慣などはまったく違います。そのためトイレ事情も違うのです。

欧米などはあまり心配する必要はないかもしれませんが、発展途上国であれば、キレイな水洗トイレを見つけるのは難しいと考えていた方が良いかもしれません。

もちろん、空港やホテル、レストランなどにはありますが、少し田舎に入ったりなどをすると、「トイレ」と呼ばれるもの自体がなかったりもします。

また、その国の宗教や習慣で、日本のようにトイレットペーパーがついていない場合があります。では、現地の人はどうやって処理したり拭いているのでしょうか。

もちろん、その国によっても違いますが、トイレの横についているホースで洗ったり、手を使ったり、自分で持参したティッシュペーパーを使用しているのです。

外国のトイレは日本のトイレに比べると、水圧が低い場合があります。そのため、トイレットペーパーを流すと詰まってしまうことがあるので、横にあるゴミ箱に捨てていることも多々あります。

その国によって違うので、その都度対応していきましょう。

トイレが有料のことも

日本のトイレに慣れている日本人が海外の公衆トイレに行って一番驚くことがトイレの使用が有料ということ。トイレに入るのにお金を取られるなんて・・・と思った方も多いことでしょう。

街中やお土産屋さんがずらりと並んだお土産市場、地元の人が毎日の買い物に使う市場などなど、公共の場所にあるトイレには、たいがい入り口に料金を徴収する人がいて、お金を払うとトイレットペーパーをくれるトイレもあります。

おつりをもらえないことも多いので、小銭は常に手元に用意しておきましょう。

対策は?

トイレがあるときに済ませる

トイレがいろいろなところにない場合もあるので、トイレがあるところで行っておきましょう。レストランや百貨店などは比較的キレイなトイレも多いです。

自分でティッシュやトイレットペーパーを持参するのは、必須かもしれませんね。

ティッシュや消毒液を持参する

ティッシュやトイレットペーパーがない場合もあるのでポケットティッシュなどは常に持参しましょう。

また、トイレを使用したはいいけれど手を洗う水道がない!、または手を洗う水汲み場があるけれど水が汚くて手を洗えない!ということもあります。

そういうときは持参しているペットボトルの水で手を洗うかアルコール消毒液で手を清潔にしましょう。トイレの後だけでなく食事前などでも重宝します。

アルコール消毒液はどこでも売っているので、日本から持参しても現地で購入してもよいでしょう。

大自然で用をたす

実は大自然が一番清潔なこともあります。たとえば砂漠や森林などの自然を旅するツアーに出掛けた際、泊まり先にせいぜい簡易トイレしかない、またはトイレがあっても不清潔で使いづらいことも少なくないのです。

そんなときは思い切って大自然の中で行ってみましょう。思った以上に開放的でとても気持ちが良いこと請け合いです。恥ずかしいという場合には長いスカートをはいていけば肌を見せることもなく安心です。

女性のひとり旅は最高の時間!そんな時間をみなさまに有意義に過ごしてほしいです。海外数カ国に滞在し、海外・国内旅行の経験からいろいろとご紹介します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする