アジアへの旅

タイに行ったらぜひ訪れたいビーチ5選

プーケット

タイには世界中から旅行者が集まるビーチがたくさんあります。有名なプーケットをはじめ、楽園があなたを待っています。ベストシーズンはタイの乾季にあたる11月から3月です。

1番大きい「プーケット島」

タイで最も有名なリゾートアイランド、プーケット。日本からの直行便もあるのでアクセスしやすい島です。

新婚旅行先としても人気ですね。高級ホテルから安宿まで、静かなビーチから賑やかな繁華街まで、さまざまなエリアがあるので自分の目的にあった旅が楽しめると思います。

2番目に大きい「チャン島」

カンボジアとの国境近くにあるチャン島。バンコクから6時間ほどで行くことができます。ビーチでのマリンスポーツはもちろん、滝壺があったり、象と水浴びができたり、ジャングルウォークができたり。バンコクでの滞在から少し足をのばして行ってみたい島です。

3番目に大きな「サムイ島」

マレー半島の東、タイ湾に浮かぶ島、サムイ島。バンコクからは、飛行機またはバス+ボートで向かいます。

かつてはバックパッカー憧れの地であったようですが、観光開発が進み今はすっかりリゾート地となっています。いろいろなことが整っているので快適に過ごすことができると思います。

ダイビングには「タオ島」

サムイ島と並んで人気のタオ島。ここにはダイビングをするために訪れる旅行者がたくさんいます。長期滞在してライセンスを取る人も多いです。

本格的なダイビングまでは自信がないという人には体験ダイブも行われているのでチャレンジしてみては?!日本語が通じるダイビングショップもあるので安心です。

パーティーアイランド「パンガン島」

サムイ島、タオ島近くにあるパンガン島。パーティ好きな人はきっと知っていますね。ここでは月の満ち欠けによってパーティが行われています。満月の夜にはフルムーンパーティ、新月の夜にはブラックムーンパーティ、半月の夜にはハーフムーンパーティ。

その他にもジャングルの中で行われるジャングルパーティなど、さまざまなイベントが行われています。クラブもたくさんあるので、パーティ好きな人にはたまらない島だと思います。

ABOUT ME
HAL808
バックパッカー歴15年、訪問国数は65カ国。旅を通し数え切れないくらいの素晴らしい出会いがありました。最近は国内バックパック旅行にハマッってます。日本って深い!!