ひとり旅におすすめ!高山(岐阜県)の魅力

お散歩度 ★★★  のんびり度 ★★★  グルメ度 ★★  

飛騨の小京都と呼ばれている高山。

フランスのタイヤメーカーが発行しているガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド(旅行ガイド)」では、京都や奈良と並び三つ星にランクされています。

山間の小さな町に「古き良き日本」が残っていることが、外国人旅行者から高い評価を受けている理由なのではと思います。古い町並みをお散歩したり、お土産屋さんを覗いてみたり、ガラスや工芸を体感したり、ゆっくり歩きながら楽しむ。そんな町です。

古い町並み

高山の1番の見所は、駅から歩いて15分ほどのころにある上三之町界隈の「古い町並み」。趣のある町並みに、土産店や飲食店などが並んでいます。食べ歩きをするならぜひ試してほしいのが「飛騨牛にぎり」。

牛の炙りのにぎり寿司なのですが、ここでしか味わえない美味しさです。お皿の代わりに海老せんべいの上に乗せてくれるので、そのまま食べ歩きができるんです。

その他、「飛騨牛肉まん」や「飛騨牛串焼き」もオススメ。古い町並みの近くには陣屋もあり中を見学することもできます。

毎日開かれている朝市

朝6時頃から12時くらいまで、毎日朝市が開かれています。場所は「陣屋前朝市」と「宮川朝市」の2ヵ所。

新鮮な地元の野菜、果物、お漬物、味噌、民芸品、人形、衣類、雑貨・・・なんでも売っています。ときどき聞こえる地元の人の方言に、旅をしてるなぁ!という気分が高まります。

高山が1番盛り上がる「高山祭」

年に2回、春と秋に行われる高山祭。普段はのんびりとした雰囲気の高山ですが、この時期になると国内外からの観光客であふれかえります。

春(4月14・15日)は日枝神社、秋(10月9・10日)は桜山八幡宮にて高山祭が行われます。日本三大美祭の一つに上げられているそうです。

バックパッカー歴15年、訪問国数は65カ国。旅を通し数え切れないくらいの素晴らしい出会いがありました。最近は国内バックパック旅行にハマッってます。日本って深い!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする