【高知】昭和の良さが残る「久礼大正町市場」で新鮮なかつおのタタキを食べる

久礼大正町市場

高知の新鮮なかつおがどうしても食べたくなり、須崎から高知自動車道を南下して、中土佐町にある「久礼大正町市場」まで行ってきました。

須崎西ICから中土佐ICまで約7キロ、高速を降りてから約2キロと短い距離です。あっという間に到着したのですが、駐車場の位置がわからず、しばらく迷った挙句に海沿い側の駐車場までたどり着いてしまいました。

市場からは少し遠いですが、すぐそばに海が広がっています。せっかくなので、海岸線まで足を伸ばしてみました。

駐車場近くにある、津波避難タワー。展望台も兼ねていて、町を見渡すこともできます。

津波避難タワー

遠くには黒潮本陣が見えます。漁師町だから当たり前かもしれませんが、とにかく海がきれい。

海岸線

快晴の天気の下に広がる海岸。これだけでも来た甲斐があります。

海岸

道端に猫がいたので、少し近づいてみます。

猫

普通ならすぐに逃げ出してしまうはずですが、なぜかこの猫はだんだん近づいてきて……。

猫アップ

カメラに顔を近づけたり、身体を摺り寄せてきたり。観光客が餌をあげたりしているからかな?警戒感まったくなしです……。

耳をかく猫

しばらく猫と戯れていましたが、私が餌を持っていないと知ると去ってしまいました。

海岸線を歩いた後、市場へと向かおうとしたのですが、またしても道に迷います。路地裏のような住宅地の向こうから、演歌調の音楽が流れてくるので、その音を頼りに進みます。

住宅地

ようやく久礼大正町市場に到着。

久礼大正町市場

たくさんのお店が並んでいますが、一番角のお店が混雑していて賑わっています。

漁師小屋

入ろうとすると、店員さんから「向かいの店でもう頼まれました?」と聞かれました。

どうやら、向かいにある魚屋で刺身を購入し、こちらの店内でご飯と一緒に食べるスタイルだとか。ひとまず席だけ確保して、お向かいさんへ。

刺し身いろいろ

前日が時化であまり魚が入っていないらしいのですが、それでもこれだけの種類があります。目当てのかつおのタタキを頼み、安かったびんちょうまぐろも一緒に注文します。後で盛り付けて持ってきてくれるそう。

店内はこんな雰囲気です。いかにも漁師町の飯屋、という感じですね。

店内

盛り付けられたお刺身とご飯のセット。盛り付けられるとさすが豪華に見えます。

刺身定食

よく見るとセルフサービスで置かれている麦茶用のコップがカップ酒のものです。この雰囲気、好きな人にはたまらないと思います。かつおのタタキも柔らかく、とてもおいしくいただけました。ご飯がよく進みます。

盛り付けられたときはちょっと買い過ぎたかなと思ったくらいの量でしたが、しっかり完食できました。

市場を抜けた先には駄菓子が売っていたり、この日は休日でしたが雰囲気良さそうな喫茶店もありました。

駄菓子屋
喫茶店

休みの日はそうとう混雑するようです。お店の人に聞いたのですが、近くに道の駅ができる予定があるそうで。これからもさらに賑わっていきそうですね。

旅データ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする