親に受け入れられやすくするひとり旅の秘訣

旅の秘訣

女の子で、ひとり旅、しかもそれが海外だと親は心配ですよね。反対する親が大半だと思います。反対されたからと言って、親の言うとおりにするのはもったいない。かといって反対されたまま行っても後味が悪い。

そこで、親に受け入れられやすくなるようなコツを伝授します。

事後報告する

よほどの親でない限りは反対するのが当たり前です。

もしあなたが初めての一人旅だったら、反対されて決心が揺らいでしまうかもしれません。そうならないためにも、先に航空券やホテル、ツアーを申し込んでキャンセルできない状況になったところで話しましょう。

しょうがなくかもしれませんが許してくれるでしょう。

スケジュールや連絡先を伝えておく

飛行機のスケジュール、行先、ホテルの住所、電話番号をきちんと伝えておくことはかなり大事です。

もし何かあった場合に連絡がとれるように連絡先は必ず伝えておきましょう。もし誰かのうちに泊まるのであれば、その友達の名前や連絡先も伝えましょう。

飛行機のスケジュールやツアーの日程表があればコピーを渡しましょう。

旅の思い出を報告をする

帰ってきた後はとても楽しかったことをきちんと報告しましょう。写真を見せながら、楽しそうに思い出話を伝えると家族も一緒に旅行に行ったような気分になるでしょう。

そして、次回の旅も許してくれやすくなるというメリットもあります。

終わりに

親は子供の心配をするのは当たり前のこと。反対するからめんどくさい、と何も言わずに勝手に旅行をするのだけはよしたいですね。お互いが安心して一人旅行をするためにもきちんと親には伝えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする