【北海道】美しく静かな湖「支笏湖」で静かな自分時間を過ごす

支笏湖

北海道千歳市、緑の山々に囲まれた支笏湖(しこつこ)。コバルトブルーの美しい湖で、周囲はおよそ40㎞と、とても大きな湖です。

新千歳空港からバスで50分、札幌市内からも1時間30分くらいで行ける距離にあります。

バス停

駐車場やバス停からお土産物屋さんを見つつ坂を下っていくと湖畔に着きます。湖畔には、おなじみ、アヒルボートが出番を待っていました。

看板とアヒルボート

せっかくなので湖上から湖を楽しみたいところですが、この広い湖でアヒルボートに乗る勇気はなく…。遊覧船に乗ることにしました。遊覧船の出港まで時間があったので、ぷらぷら湖畔を散策してみました。

鉄橋と湖

湖につながる川も何ともいえない色合いの清らかな流れ。川底の水草まで良く見えます。

川

しばらく歩くとウッドテラスが整備された場所があり、湖まで降りられるようになっていました。

ウッドテラス

おだやかな波もありまるで海岸線のよう。遠くには活火山の樽前山が見えます。

湖岸からの風景

反対側には恵庭岳が見えます。木のベンチに座りながら、ふと気づきました。この湖は本当に静か。静かな波と風の音しか聞こえません。大きな道路もなく、近くに人の生活がないせいかもしれません。

頭をからっぽにしてぼーっとできる、忙しい日常にはない貴重な時間でした。

湖岸からの風景

そろそろ遊覧船出港の時間になったので、船着き場に戻り乗船しました。この遊覧船、船底に窓があり、水深2mの水中がのぞけるようになっています。

湖上

水中はコバルトブルーの水がどこまでも続く、不思議な空間でした。支笏湖の名物、ヒメマスの群れが泳いでいるのも見られました!

ヒメマス

夢中になっていて写真を撮りそびれたのですが、湖底に「柱状節理(ちゅうじょうせつり)」という切り立った崖のような光景が突然現れます。マグマが急に冷やされた時にできた割れ目だそうです。

湖底にこんな景色があるとは、驚きの連続の水中散歩でした。

湖の周辺には、支笏湖温泉や丸駒温泉など、とろりとした湯が人気の温泉があって、湖を一望できる宿もいくつかあるそうです。名物のヒメマス料理を楽しみながら、温泉で癒されるのも素敵ですね。

とっても静かな美しい湖、いつか秋の紅葉シーズンも訪れてみたいです。札幌に行かれる機会があれば、ぜひこの湖まで足を伸ばしてみてください。

木漏れ日

旅データ

  • 遊覧船料金:1,620円
  • 新千歳空港、札幌駅前ターミナル(期間限定)から直通バス、支笏湖畔ターミナル下車
  • URL:http://www.shikotsuko.com/
スポンサーリンク

シェアする

フォローする