【兵庫】プールあり!温泉あり!海辺のスパリゾート「リゾ鳴尾浜」でほっこり♪

リゾ鳴尾浜

京阪神から近い海辺のスパリゾート、年中泳げる天然温泉『リゾ鳴尾浜』に行ってみました。スーパー銭湯なのか、フィットネスクラブなのか、温水プールなのか・・・?

癒しを求める大人なので、前者を期待して行ってみたところ、その、どれでもなかった・・・!

いい方向に期待を裏切られました。開放感あふれるロビーは、リゾート気分を盛り上げてくれます。

ロビー

おそらくフィットネスを利用される方は、汗を流した後にここでお茶でもされるのでしょうか。ロビー横には落ち着いた雰囲気の談話スペースもありました。もちろん、ビジターでもお借りできるようです。

談話スペース

フロントで館内説明を聞き、ロッカールームで水着に着替えてプールに降りてみると、そこは南国でした!!

海辺のプール

秋ですが、瀬戸内海に面しているせいか、どことなく温かいです。海辺にはデッキチェアが並んでいます。きっと真夏は人でいっぱいなのでしょうが、この日はすいていました。

海辺

寝転ぶと、気持ちいい~!!真夏ほどではない日差しが心地よくて、こんなところで本を読めたら幸せだろうな・・・。

そして何より気持ちがいいのは、水着を着用して入る天然温泉の露天風呂、かもめの湯です。海を見ながら入るお風呂は、最高です。

かもめの湯

小さい子向けのスライダーや、屋外プールは10月半ばまで営業のようです。

子供向けスライダー

プールと見ると幼心に戻りたくなるのか、来たからには少しだけ泳いできました。うきわで浮かぶのはどうしてこんなに楽しいのでしょう。プールで冷えた体はもちろん、かもめの湯で温めます。

屋内のプールは吹き抜けになっています。水槽プールやスライダー、浅いプールなど何種類かありました。広すぎず、狭すぎないスペースがリラックスできました。

プール

無料で楽しめるスライダーは、これまた滑らずにおられません。何も考えなくても楽しめるスリルです。

館内は食べ物の持ち込み禁止なので、おなかがすいたら併設されているレストランで食事をします。ロッカーキーのバーコードを通せば後で清算してくれるシステムなので、らくらくでした。

最後は、水着着用でない温泉でしっかり温まりました。プールで遊び、海辺のデッキチェアでゆっくり休んで、露天風呂でホッと一息をつき、最後にお風呂でほっこりして帰る・・・。

とっても充実した一日になりました。

旅データ

  • 料金:1,750円(17時以降1,240円)
  • 営業時間:10:00~22:00(水曜定休)
  • URL:http://www.reso.jp/
ミキ

お城やお寺が大好きです。荘厳さや豪奢さも好きですが、どこか懐かしいな、という風景により惹かれます。そのくせ特別拝観と聞くとやはりソワソワするので、「特別」は年に数回の贅沢として楽しんでいます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする