ヨーロッパへの旅

パリに泊まるときはぜひ利用したいホテル集1

パリといえば街並も美しく、旅行者を魅了してくれますよね。そこで、パリに滞在するときに利用したいホテルをご紹介したいと思います。

ひとり旅で節約旅行の際は料金を気にしてしまいがちですが、たまには優雅に過ごしてみるのも良いかもしれません。

Le Pavillon De La Reine
(ラ・パヴィヨン・ドゥ・ラ・レーヌ)

pavillons

こちらのホテルは、現在流行の発信地とも言われているマレ地区に位置しています。そのなかでも、ヴォージュ広場にあるホテルで、最高の場所にあるといえるでしょう。

外観を見るとすぐに分かるのですが、昔からのフランスの由緒正しいホテルで、家具はアンティークのもの、絵画なども歴史あるものを使用しています。

マレ地区は、ファッションが好きな人も楽しめるエリアですし、おもしろいショップやブティックも多くある地域です。少し奮発をしてでも利用してみたいホテルですね。

ホテル情報

エリア: マレ地区
住所: 28, Place des Vosges, Paris, FR
TEL: +33(0)1-40-29-19-19
料金:€300〜 (約 ¥42,252〜)
Le Pavillon De La Reine

Hotel Keppler(ホテル・ケプラー)

ホテル ケプラー

リーズナブルで、洗練された雰囲気を持つホテル・ケプラーは、多くの人に親しまれている利用者も多いホテルです。

何よりも、リピーターが多く気軽に泊まることができるのも特徴の一つです。実は、シャンゼリゼ通りからも近いので、観光にも便利です。なおかつ静かに時間を過ごすことができるので、ひとり旅だけでなく、ビジネスにも向いているホテルといえるでしょう。

フランス人建築家ピエール・イヴ・ロションによるデザインなので、モダンな空間が迎えてくれます。サウナ、スチームサウナもあるので、女性にもぴったりです。

ホテル情報

エリア: シャンゼリゼ地区
住所: 10 Rue Kepler, Paris, FR
TEL: +33(0)1-47-20-65-05
料金:€130〜 (約 ¥18,309〜)
Hotel Keppler

Hidden Hotel (ヒドゥン・ホテル)

ヒドゥン・ホテル

ヒドゥン・ホテルは、その名の通り、「隠れ家ホテル」です。凱旋門の裏に面しているので、シャンゼリゼ通りからも近くにあります。

隠れ家の雰囲気にはぴったりの落ち着いた色で統一されています。色使いがとても美しく、ホテルでありながら美術館にいるような演出をしてくれるでしょう。スタッフも親切に対応してくれます。

ホテル情報

エリア: シャンゼリゼ地区
住所: 28 rue de l’Arc de Triomphe, Paris, FR
TEL: +33(0)1-40-55-03-57
料金:€240〜 (約 ¥33,802〜)
Hidden Hotel

La Belle Juliette
(ホテル・スパ – ラ・ベル・ジュリエット)

ホテル・スパ – ラ

歴史ある建物をフランスのデザイナー、アン・ゲルバールが装飾したことで知られているホテル・スパ – ラ・ベル・ジュリエットです。

とてもスタイリッシュでモダンなホテル内は、おしゃれでステキな雰囲気です。ビビットカラーを取り入れているので、女性心をくすぐらせます。

そして、すべての客室にiMacが設置されていたりと、普通のホテルではあまり考えられないような斬新さも人気の秘密です。朝食やアフタヌーン・ティー、夜にはイタリアン・スタイルのタパスが楽しめるラウンジ、Bar Le Talmaもあります。

ホテル情報

エリア: サンジェルマン地区
住所: 92 rue du Cherche Midi, Paris, FR
TEL: +33(0)1-42-22-29-23
料金:€210 (約 ¥29,577)
La Belle Juliette

ABOUT ME
Rue du 29 juillet
女性のひとり旅は最高の時間!そんな時間をみなさまに有意義に過ごしてほしいです。海外数カ国に滞在し、海外・国内旅行の経験からいろいろとご紹介します。