ヨーロッパへの旅

パリに行ったら有名イベントに参加してみよう その2

復活祭

パリに行ったら参加したいイベント第二弾ですが、今回は夏以降のイベントに関してご案内したいと思います。パリに来る機会があれば、ぜひ参加してみてください。

※詳しい日付は毎年変わる可能性がありますが、こちらの情報は2014年のものです。

ゲイプライド

フランスは、同性婚が可能になってからそんなに時間は経っていません。
しかし、同性愛者の人たちを受け入れている人たちも多くいるので、「GAY PRIDE(ゲイプライド)」と呼ばれるイベントは印象深いでしょう。

バイセクシャル、性転換者、ゲイやレスビアンの人たちにとっても欠かせないイベントになっているのです。

偏見などを捨て、人は皆平等という意識を持つイベントです。パリの街中でパレートを行います。パレード参加者のファッションもおもしろいので、必見です!パレードのスタート地点は、モンパルナス駅前です。

ゴール地点は、革命の象徴でもあるバスティーユ広場です。時期は6月中旬です。

パリ祭 (革命記念日/建国記念日)

7月14日に行われる「LE QUATORZE JUILLET」は、フランス人であれば知らない人はいません。まさに、革命記念日なので、フランスの歴史を知るイベントです。

この日のシャンゼリゼ通りには、ものすごい人の数がイベントを見るために参加します。その理由は、シャンゼリゼ大通りで軍事パレードが開催されるためです。特に、素晴らしい技術の空中ショーは必見です。

それだけではなく、イベントやパレードもあるので、朝早くから人で埋め尽くされるでしょう。交通機関も制限が出ますので、パレードを見たい人はぜひ早めに行きましょう。

パリプラージュ

パリプラージュは直訳すると、「パリの砂浜」です。7月中旬から1ヶ月の間、セーヌ河には大量の砂が敷き詰められます。右岸側がビーチになるのです。

この期間中は、パリの人たちや観光客でにぎやかになるのです。イベントも多く開催されますし、コンサートやアクティビティなどにも参加することもできるでしょう。

何よりも、ビーチを愛するフランス人らしい発想ですが、パリには簡単に行けるビーチがないため、セーヌ河に簡単に行けるビーチを作ったというのが、開催理由になったといわれています。

ツール・ド・フランスゴール

みなさんは「ツール・ド・フランス」を知っていますか?

日本でも、ニュースでたまにやっているのですが、フランスでは自転車のロードレースはとても有名で盛んなのです。特に、7月下旬には1ヶ月間もかけて争った、ツール・ド・フランスのゴールを見ることができるので、テレビの視聴率もかなり上がるのです。

ゴールはパリにある凱旋門前なので、もし興味のある人は見てみると良いでしょう。レースは、ベルギーのリエージュをスタートして、パリのシャンゼリゼ大通り、凱旋門前までです。

長い歴史があるレースですし、ホテルにテレビがある人はテレビでも楽しめます。

ABOUT ME
Rue du 29 juillet
女性のひとり旅は最高の時間!そんな時間をみなさまに有意義に過ごしてほしいです。海外数カ国に滞在し、海外・国内旅行の経験からいろいろとご紹介します。