さまざまな用途に使えて便利!ひとり旅で持っていきたいパレオのススメ

ビーチで使用するパレオ、これ単に身体にまとうだけでなくさまざまな用途に使えるスグレモノなのです!女性のひとり旅に一枚あるだけでかなり重宝することお約束しちゃいます!ではその使い道をお伝えしましょう。

ファッションとして

巻き方、結び方で随分とコーディネートの幅が広がります。南国では良く見られるネック巻きワンピースドレスなんてありますが、ネットで調べるとさまざまな巻き方が紹介されているので研究してみるといいかもしれません。

ワンピースだけでなく巻きスカートとして履いたり、腰に巻けばベルトとして、また頭に巻いてヘアアクセサリー代わりと、便利です。

服が単調でもカラフルなパレオでおしゃれさんに早代わり!

羽織ものとして

暑い時期や国でも列車やバスの中などは冷房が効いていて寒い経験をしたことはありませんか?長袖を常備するのはもちろんですが、もし忘れてしまったとしてもパレオを一枚羽織るだけでも随分冷えを防ぐことができますよ。 

そして野外では日よけとして活躍します。海外に旅行すると教会を訪れることが良くありますが、肌を露出して入ることは厳禁ですのでバックに忍ばせておけば困ることもありません。

またドミトリーのホステルで共同シャワー使用時にシャワーあがりにさっと巻けばラクです。

バック代わりに

風呂敷バックのように、結び目を作ってバックにするのもおすすめです。かわいい柄ならちょっとしたお出かけ用にもなりますね。

大き目のパレオでしたら大きな荷物を包んで背中に背負うという手もあります。南米では、年のいった女性がそのように重い荷物を運んでいます。

またはわざわざ旅行用の洋服下着入れのバックを新調しなくてもパレオで包んでしまうという手もあります。洗濯が必要な洋服も包んで後はパレオごと洗濯機にポイ、と楽チンです。

おわりに

いかがでしたか?パレオに限らず大判ストールやアフリカのカンガ、風呂敷などでも大判の布であれば何でも活用できます。ぜひ自分のお気に入りの柄を見つけてさまざまな活用をしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする