神奈川

【横浜】城好き女性よ、横浜に集え!第1回「お城EXPO」レポート

お城EXPO

以前は男性ファンが多かった日本の城ですが、最近は歴女ブーム、刀剣女子など、日本の歴史に興味を持つ女性が増えてきており、きっとお城が好きな女性も増えていることだと思います。

今回はそんなお城好き女子(城ガールと勝手に命名)におすすめのイベントをご紹介します。

今年が2回目!お城の祭典「お城EXPO2017」

全国の名城が一堂に会するお城好きにはたまらないイベントです。全国の城絵図や、日本100名城写真展、城巡り観光情報ゾーン、ワークショップ、セミナー、お城ジオラマ展示、物販コーナー・・・などなど、見所たっぷり。お城がある地域のゆるキャラが遊びにくることも!?

記念すべき第1回は、2016年12月に横浜のパシフィコ横浜会議センターで開催され、好評の内に幕を閉じました。

パシフィコ横浜会議センター

あまりの反響の大きさに、2017年も第2回として、開催することが決まったようなので、興味のある方への予習として、第1回お城EXPOに行ったときのレポートをお届けいたします!

いざ入城!決して入場ではありません!

第1回は2016年12月23~25日の3日間で開催されました。なんでクリスマスに・・・なんて思っている方、いらっしゃいますか?日本のお城にクリスマスなんてありません!気合いを入れて、お城EXPOへ。

入場口

エントランスは黒塗りの漆を想像させる重厚な作りです。そして、ここお城EXPOは入場料じゃなく入「城」料です!チケットは3種類。

・入城券(1,800円)・・・テーマ展示の観覧が可能
・厳選プログラム指定券(1,000円)・・・入場券と合わせて購入し、指定したプログラムを楽しめます。
・ワンデイ入場券(3,500円)・・・テーマ展示と厳選プログラムが終日楽しめます。

入城券のみ前売り購入は1,500円になります。

紙のチケットとスマホのe-チケットがあり、今回はe-チケットで入城しました。入城時にスタッフさんがe-チケットの取り扱いになれておらず、とまどいましたが、無事入城できました。

エスカレーターで展示場まで下っていきます。すると、いきなり武将が現れました!ここで来城者をおもてなししてくれているそうで、好きなお城を聞かれたりしました。一緒に記念撮影もしてくれるので記念にぱちり。

武将

続いて現れたのは大きな石。

大きな石

これは熊本城の石垣の石で、熊本大地震で石垣が崩れたときに見つかった石に書かれた謎の絵です。復興プロジェクトも行われており、募金もできるようになっていました。

全国各地のお城と観光情報満載の城巡り観光情報ゾーン

まず最初は、現存12天守を持つ都市から知る人ぞ知るマイナー城の都市まで、日本全国からお城を持つ都市のブースが並ぶエリアです。

ゆかりの武将の甲冑や、観光情報、ご当地名物などを紹介していたり、お土産が貰えたりと一番賑わっています。

ゆるキャラに遭遇!島根の「しまねっこ」と彦根城の「ひこにゃん」のにゃんこコラボ!すごい人だかりで前に進むのも大変。

ゆるキャラ

その奥にステージがあり、ここには浜松の「出世大名家康くん」がいました。

出世大名家康くん

現在、大河ドラマでも人気の「井伊直虎」の井伊家の兜「赤備え」です。

赤備え

津市の武将、藤堂高虎の甲冑。兜の左右につきでた飾りが邪魔そう・・・

藤堂高虎の甲冑

城巡り観光情報ゾーンの中心には、100名城スタンプラリーもありました。

スタンプラリー

1城ごとに1枚のパネルが展示され、そこにあるQRコードを専用アプリで読み込み、100城集めると特典が貰えるというものでした。

パネルを見てお城のことを学びながらQRコードを読みこむだけなので、挑戦してみましたが、意外と100城はきつい!混雑しているうえに、順路がないので、人が入り乱れていて、10城くらいでギブアップしてしまいました。でも、お気に入りのお城だけはきっちり撮ってきました。

ここでしか買えないお城EXPOグッズも!物販コーナー

物販コーナーに行ってみました。ご当地のお土産はもちろん、驚いたのはその書籍の多さ。

書籍

お城に関する書籍がたくさん販売されていました。物販コーナーにこれだけの書籍が並んでいるのもお城ならではですね。お城EXPO限定の手ぬぐいや、トートバッグなどもありました。

ほかにも見どころはたくさん!

お城EXPOには、ほかにも現存12天守閣ジオラマや、お城周辺を描いた地図、お城好きな方が撮った写真展など盛りだくさんです。駆け足ですがご紹介します。

現存12天守閣ジオラマ。

現存12天守閣ジオラマ

細かいところまで再現されていて、前から横から後ろから・・・とぐるりと見られる展示方法です。

こちらは全国の城絵図。

城絵図

現在の地図と重ねてみると想像が広がって楽しいです。こういう古地図を持って現地を旅するのもいいですね。

こちらはパネルディスカッション。

パネルディスカッション

お城好きな著名人がトークをしていました。ちょっとおもしろかったのが、「○○城に行って、××を見て来ました」と著名人が写真つきで紹介すると、「おおおお~~~~~!!」と低い歓声が会場に響きます。

○○城という言葉に、ここまで盛り上がれるなんて、みんな本当にお城が好きなんだなあ、と感心してしまいました。

全国各地に点在するお城を全て回ろうとしたら、なかなかの時間と労力、費用がかかってしまいますが、ここなら1,800円で全国のお城を回った気分を味わえます。

時間に余裕がない方はもちろん、これからお城を巡ろうとする方にも観光情報や、お城の情報などなど情報収集にも役立つので、ぜひ、遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

旅データ

ABOUT ME
アオイ
アオイ
「え?なんでそんなところ行くの?」と言われるような隠れスポットを求めて、ひとり旅をしています。好きな時に好きな所へいける楽しいひとり旅のお手伝いを、歴史・廃墟・マイナースポット・お酒好き目線でお届けします!