千葉

【館山市】きれいな貝殻がたくさん!ビーチコーミングができる陸続きの無人島「沖ノ島」

沖ノ島

千葉県の館山市に「沖ノ島」という無人島があります。たくさんの貝殻を拾える無人島としても有名で、無人島という響きにも魅かれた私は、時間のとれた休日に旅してきました。

めざす無人島「沖ノ島」があるのはは、房総半島・館山湾の南端。移動の車窓からは、どこまでも広がる水平線。海沿いの景色は最高です。

海沿いの景色

JR館山駅から路線バスで20分ほどで「沖ノ島」に到着しました。

でも、どうみても陸続き…。

沖ノ島

どうやら、昔は島だったのが、今は歩いて渡ることができるようです。もらったパンフレットを見ると、関東大震災で地盤が隆起したなどが原因と書かれています。無人であることは間違いないようなので、気を取り直して歩いて向かいます。

両サイドは海水浴場になっていて、監視員もいました。

海水浴場

砂浜を進み、沖ノ島へ上陸。島はこんもりとした緑に包まれています。念のため虫よけスプレーをして中に進みます。

ビーチへの道

貝殻が拾えるのは島の反対側にあるビーチです。周囲約1kmの小さな島なので、5分もせずに反対側に出ることができました。

島の反対側

磯場と砂浜が見えてきます。どんなところかドキドキです。

足元を見ると貝殻がびっしり!歩くと、ざくっざくっという感触があります。

足元

よく見ると、いろんな種類のきれいな貝殻がたくさん!宝探し気分で夢中で拾いました。

貝殻

ちなみに、浜辺に落ちている貝殻などを拾い集めることを「ビーチコーミング」というそうです。

ウニのかわいらしい殻も発見しました。

うにの殻

このシマ模様とコロンとした形が好きな私、とっても嬉しい発見です。

なんと、沖ノ島周辺の砂浜にはイルカの耳の骨が落ちていることもあるそうです。とっても数が少ないので、見つけたらとってもラッキーなのだとか。探しましたが、残念ながら見つけられませんでした。でも、あるかもしれない…と思って探すドキドキ感がたまりません。

海岸にはいつからあるものなのか、サビサビの造形物が。

サビサビの造形物

この沖ノ島は、戦争遺構の洞窟があったり、縄文時代の海中遺跡があったり、隆起した地層を見られる場所があったり、小さいけれど、いろいろなエッセンスが詰まっています。

周辺の海はサンゴの北限で、クマノミやソラスズメダイなど、カラフルな魚たちも見ることができるそうです。シュノーケリングを楽しむ人の姿も見られました。

何だか、童心に戻って楽しんだ1日。帰るころはすっかり夕刻でした。

夕刻

持ち帰った貝は瓶に詰めて旅の思い出に。

拾った貝殻

ビーチコーミング、島の探検、シュノーケリングなど、いろいろな楽しみ方のできる「沖ノ島」。都心からも近い、あまり知られていない穴場スポットでした。

旅データ