メリットたくさん!海外ひとり旅で泊まりたい日本人宿とは

日本人宿

普段海外旅行といえば、ホテルやB&Bに泊まりますよね。安く済ましたければユースホステルもあります。そのなかで日本人宿を選択してみてはいかがでしょうか。

実際世界中に日本人宿がたくさんあることをご存知でしたか?

え?日本人宿って何?どんな宿なの?という声が聞こえてきそうなのでご説明します。

日本人宿って?

客の多くが日本人で占め、情報交換ができる宿のこと。オーナーやスタッフは日本人(日系人)、日本人と外国人のカップル、親日家の外国人、、、と幅広いです。

ドミトリー、シングル、ダブルと形態は宿によってさまざまですし、設備や清潔さ、値段もピンキリです。

日本人宿のデメリット

ではまず、日本人宿のデメリットについてお知らせしましょう

まず日本人ばかりで英語を話す機会が少ないく、外国人と触れ合う機会も少ないです。せっかく一人で海外を旅行しているのに、日本人とばかりつるむのはもったいないですね。

また、人気のある日本人宿は満室のことが多いです。ですので事前に予約をすることをおすすめします。

日本人宿のメリット

ではメリットは?メリットの方がたくさんありますよ。

最大のメリットは情報収集ができること。もっとも嬉しいのが情報ノートの存在です。旅をするうえで近隣のお店や交通手段、危険情報など使える情報が詰まったノートが大抵の日本人宿に置いてあり便利です。

また、宿に泊まっている日本人旅行者と直接いろいろ情報交換できるのも嬉しいですね。

次に日本食が食べられたりTVや本が見れること。長期で旅行をしていると恋しくなるのが日本のもの。日本人宿では大抵NHKが見れたり大量の日本語の本やマンガが置いてあります。

宿によってはシェア飯といい、旅行者同士で一緒にご飯を作って食べるという楽しいイベントもあります。

最後に安全。日本人宿は他の一般の宿と比べると総体的に盗難事件が少なく、安全と言われています。とはいっても、一般の宿同様、旅行者や従業員が盗難をする場合もなくはないので貴重品には十分注意するようにしましょう。

さらに、同じ観光スポットに行く人が多いので、一人ではちょっと躊躇してしまうような危険な場所でもグループで行くことができて安心です。

終わりに

日本人宿については、検索をすれば多くの情報を得られることができます。もし日本人宿に泊まろうと思っている場合は事前に行く国と地域に日本人宿があるか調べてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする