南アメリカ

通り過ぎるだけではもったいない!マチュピチュへの玄関口「マチュピチュ村」

マンコカパック広場

マチュピチュへの玄関口となる村があります。その名もマチュピチュ村

以前はアグアスカリエンテス(熱い水=温泉)という名前で、ぐるりと村中を歩いても1〜2時間あれば回れてしまうくらいコンパクトな村です。

マチュピチュへ行く前後、この村で2泊したので、おすすめスポットをご紹介します。

マンコ・カパック広場

広場全景

村の中心部にある広場で、像はインカの初代帝王、マンコ・カパックです。

マンコカパック広場

必ず教会があり、広場を囲むようにレストランが並んでいます。スペインの様式ですね。

この広場を目印に行動をすると、迷うことも少なくなります。

ちなみに、こちらは教会の中。

教会内部

マチュピチュ駅

駅

この村を訪れる人は電車で来る人がほとんど。

そのため駅や線路沿いにお土産物屋やレストランが並んでいます。

みんな普通に線路の上を歩いてます。

線路

線路とクロスする通りに、マチュピチュ行きのシャトルバス乗り場と、チケット売り場があります。

地元の人が溢れる市場の入り口

市場

シャトルバス乗り場すぐそばに市場があります。

日本ではあまり見ることがなくなった市場は、旅行の楽しみの一つ。

市場のフルーツ売り場

1階はフルーツや野菜、肉、雑貨などが所狭しと売られています。

市場の食堂

2階は食堂です。ボリュームたっぷりの定食が280円!

外国人が多いお土産市場

お土産市場

前の市場が地元の人向けとするなら、こちらの市場は旅行客向け市場です。

お土産屋さんがずらりと並んでいて、その奥にマチュピチュ駅の入り口があります。日本ではお金を使わせるスタイルですね。このくらいわかりやすいと逆に気持ちが良いです。

ここでアルパカがついたボールペンが10本で10S/.(324円)で買えました。1本32円!

食堂いろいろ

基本的に、地元の人が食べる物を食べたいので、安い食堂ばかり食べ歩いてました。

chifa canton

canton

ペルーには、移住してきた中国人から広まった中華料理屋も多くあります。

canton食事

これで280円。デザートとフルーツが付いている点が、市場の食堂とは違うところですね。

ファーストフード的カフェ

ファストフード外観

ここで初めてペルーの国民的飲料「チチャモラーダ」を飲んで、そのおいしさにハマってしまいました。

村の名前の由来になっていた温泉

温泉

旧村名であるアグアスカリエンテス(=熱い水)の由来は、この村に温泉が湧いていることから来ています。

町の外れにその温泉を楽しめる施設があり、外国人は入場料が20s/.(650円)です。

入り口の小屋で支払って、そこから温泉まで歩くこと約10分。

距離がありますが、アグアスカリエンテス川に沿った遊歩道のような道で、のんびりと川のせせらぎを聞きながら歩けるので、それほど気にはなりません。

実際の温泉は、日本に比べたら格段にレベルが落ちますが、マチュピチュで温泉?!と話のよいネタになるとは思います。

水着着用なので、持参するのをお忘れなく。

インスタ映え!?撮影スポット

マンコ・カパック広場

銅像の前では、観光客が並んで写真を撮っています。手に持ってる太陽のような顔がかわいいです。

マンコカパック拡大

マチュピチュ駅前の線路

線路

日本では線路の上に立って写真はなかなか撮れませんし、マチュピチュ村らしさも出る写真が撮れそう。

マチュピチュ看板

マチュピチュ看板

マチュピチュ行きのシャトルバス乗り場向かいにある看板。

看板の横に立って写真をとれば、THE マチュピチュ!

お土産屋さんの軒先

お土産屋

カラフルなペルーのお土産はインスタ映えもばっちり。

首都のリマや、大都市クスコとは違って、のんびり過ごせるマチュピチュ村。素通りしてはもったいない、おすすめスポットです。

ABOUT ME
アオイ
アオイ
「え?なんでそんなところ行くの?」と言われるような隠れスポットを求めて、ひとり旅をしています。好きな時に好きな所へいける楽しいひとり旅のお手伝いを、歴史・廃墟・マイナースポット・お酒好き目線でお届けします!