ヨーロッパへの旅

ロンドンの観光地といえばここ!を押さえよう その3

観光3

ロンドンの観光地といえばここ!の第三弾です。
ロンドンの観光地といえばここ!を押さえよう その1
ロンドンの観光地といえばここ!を押さえよう その2

ロンドンは本当に数多くの観光地があるので、三弾目になってしまうくらいです。さて、今回のオススメ観光地はどこなのでしょうか。

タワー・ブリッジ

別名「ロンドン橋」と呼ばれるタワー・ブリッジは、ロンドン塔のすぐ横にあるのですぐ分かるでしょう。

こちらも、ロンドンを象徴する観光地の一つです。実は、未だに跳開式の可動橋なので、タイミングが良ければそれを見ることができます。大きな船を見つけたら、橋が上がるので少し待ってみましょう。

テムズ川沿いから見るタワー・ブリッジは、よくポストカードにも使用されているので、写真を写すのであれば、絶景ポイントです。

橋にしてみると少し斬新な水色仕様なので、ロンドンの街中でも十分目立ちます。橋を渡ってみることをオススメします。少しロンドンの街並を肌で感じることができるでしょう。

マダムタッソー蝋人形館

こちらも、ロンドンを代表する観光名所です。現在では、世界のいくつかの国でもマダムタッソー館に行くこともできますが、イギリスの著名人の蝋人形を見ることができるのはここだけです。

いつもたくさんの観光客でにぎわっているので、早い時間帯に観光すると良いでしょう。ただ、チケットも当日券と前売り券があり、前売り券を購入していくほうがお得に入ることができます。

そして、注意したいポイントですが、入り口がいろいろと別れています。団体、VIP、一般などがあるので、事前に調べてから並びましょう。

基本情報

  • 営業時間:(月-金)9:00-17:30、(土日)9:00-18:00
  • 入場料:当日チケット、大人30ポンド
  • 前売りオンラインチケット、大人22.5ポンド(2014年3月現在)

ロンドン・アイ

ビッグ・ベン周辺を観光していると、どうしても目に入ってしまうのが、ロンドン・アイですよね。日本でいういわば観覧車です。現在では信じられませんが、当初は5年間の限定営業の予定だったのです。しかし、人気の高さから、現在も営業しています。

高さは350m、1周を約30分かけて回ります。あのカプセルは、全部で32個もあって、人を25人も乗せることができるのです。日本にある一般的な観覧車をイメージしていると、実際に乗ったときにはビックリします。

カプセル内は透明なので、左右上下のすべてを見渡すことができます。高所恐怖症の人は避けたほうが良いかもしれませんが、ロンドンを見渡せるのでオススメですよ。

基本情報

  • 予約受付:9:00-17:00 (月-金)
  • 利用時間:10:00-21:00(10-3月は20:00まで、7-8月は21:30まで)
  • 乗車券:当日券、29.5ポンド
  • 前売りオンラインチケット、大人26.55ポンド(2014年3月現在)
ABOUT ME
Rue du 29 juillet
女性のひとり旅は最高の時間!そんな時間をみなさまに有意義に過ごしてほしいです。海外数カ国に滞在し、海外・国内旅行の経験からいろいろとご紹介します。