【千葉】近藤勇と土方歳三の別離の地「近藤勇陣屋跡」

近藤勇陣屋跡

千葉県流山市は、都心からほど近い豊かな自然と古い町並みが混在する街です。この地に池田屋事件で名を轟かせた新選組の局長近藤勇と副長土方歳三が今生の別れを迎えることになった陣屋の跡があります。

陣屋の跡

慶応4年(1868年)4月2日新選組の旗本で勘定組頭という地位の大久保大和(近藤勇)が銃で武装した200名余りの歩兵部隊を引き連れて江戸から江戸川を渡って流山に入り、部隊は流山内のいくつかの寺へ分宿しました。

その時に近藤勇が宿所としたのが、鴻池という醸造家の家でした。

醸造家の家

その当時すでに徳川家は新政府軍に江戸城を明け渡すことが決まっていたので、新政府軍と戦わないように臣下に通例を出していますが、それでも戦おうとする脱走者がいました。

それらの脱走者は豪商へ押し入り軍資金の提供を迫ったりしていたため、近藤は多くの豪商が軒を連ねた流山へ部隊を引き連れてきました。

石碑

新政府軍の偵察隊は流山に武装集団が駐留している情報に接し、4月3日に100名ばかりが流山に派遣されました。そして近藤はここで同行を求められ盟友土方との永遠の別れとなってしまったのでした。

こちらの碑がある倉の前には小さな木でできた箱があって、その中に訪問者達が自由にメッセージを記せるノートが置いてありました。

流山帳

『流山帳』という名のこのノートにはぐっさんが演じた永倉新八の写真も。

流山帳

そして現在、ここは秋元というみりんや酒を取り扱ったお店になっています。

お店

中では近藤勇の写真がプリントされたお酒や流山でしかゲットできない新選組グッズもあります。

新選組グッズ

店員さんが、かつてこの場所に合った酒蔵の写真を見せてくれました。

酒蔵の写真

この屋根裏で近藤勇と土方歳三が近藤の偵察隊同行の前に論議をしたそうです。今は工場の一部となっています。

工場

近藤がここで連行された後、土方は勝海舟に取り合い近藤の解放を求めたといいますが、ここでは時折怒号をあげて近藤と土方の議論が交わされたそうです。

そばには二人が戦勝祈願したとされる小さな祠もありました。

小さな祠

新選組にとっては涙なしでは見られないスポットでした。

旅データ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする