海外ひとり旅ハウツー

海外へ女の子一人旅をするにあたっての3つの心得

海外に女の子が一人旅をするにあたって、まず考えてほしいのは、フリーのツアーを利用するにしろ、お一人様のツアーを利用するにしろ全部自分で手配するにしろ、自分のことは自分で守らなければいけないということです。

ボディーガードは自分自身。当たり前のことですが、ここはしっかり把握しておきましょう。夜道の一人歩きなどはタクシーなどを使ってなるべく避ける、知らない人についていかないなど、最低限の注意はしましょう。

今回は海外をひとり旅するうえでの心得をお伝えします。

日本を基準にしない

日本は世界で有数の安全な国です。日本の常識は通用しません。夜遅くに女性が外を歩いていても、日本であれば比較的安全ですが、海外ではその常識はまったく通用しない場合もあるのです。

バックなどの持ち方もお金の持ち方も工夫しましょう。お金はほとんどの国でクレジットカードが使えるので、財布に入れる現金は最小限にします。

そしてパスポートや予備のお金は貴重品袋に入れて、肌身離さずが基本です。女の子の場合はウエストに巻くタイプが便利です。

また、防犯ブザーを常に持ち歩きましょう。何かあったときに声が出せなくても、防犯ブザーが鳴ることによって身を守ることができるかもしれません。

旅行先の安全情報は必ずチェックする

海外には平和な国もあれば、そうでない国もあります。スリが多い国、詐欺が多い国など、本当にさまざまです。なので、外務省の海外安全情報は出発前に必ずチェックしておきましょう。

特に渡航自粛や渡航注意になってる国はたとえツアーでも避けるべきです。というのも、ツアーに参加していても、あなたが事故に巻き込まれたり、トラブルにあったとき、旅行会社はなんの責任も取ってくれません。

添乗員や現地係員が多少サポートしてくれるかもしれませんが、結局、自分の入ってる海外傷害保険で対応することになります。後であのとき行かなければこんなことには、と後悔しないためにも、この点は抑えておいてください。

また、女の子の一人旅行では、ツアーに乗るのであれば、イスラム圏や発展途上国も前述の点をクリアしていれば問題ないと思いますが、まったくの一人でがんばるよ、という場合は、インフラがしっかりした先進国をおすすめします。

海外旅行保険に入る

海外旅行保険は海外旅行に出るときの必須です。2、3日だから大丈夫と思っていても、万が一のことを考えて入っておきましょう。

クレジットカードに付帯しているもので十分ですが、カードによっては旅行代金の支払いが条件になっていることもありますので行く前に忘れずに確認しておきましょう。

ひとり旅で一番危険なのは「慣れたとき」です。何度もひとり旅をしていると慣れる人もいるでしょう。そのような人は緊張感もあまりなくなっています。

まさに油断してしまっているのです。そんなことがないように、常に細心の注意を払っておくことが大事です。

ABOUT ME
鈴木雪見
海外旅行は、現在渡航暦76回クリア、年に1,2回ペースで出かけてます。気に入った国のリピが多いです。日本国内も全県あちこち旅行してます。