高知

【高知】月の名所としても有名な高知の景勝地「桂浜」と「海津見神社(龍王宮)」

桂浜

高知駅からバスで50分。高知の名所「桂浜」へ行ってきました。

「桂浜」とでかでか書かれた石碑。遠くに見えるのは龍王宮。

桂浜の石碑

桂浜公園と言えば、やはり思い浮かぶのは坂本龍馬像。……ええ、歴史に詳しいわけではなくて「水曜どうでしょう」に出てきたからですね。

坂本龍馬像

先程の桂浜の石碑からすぐ近くに龍馬像の姿がありました。……後姿ではありますが。龍馬さんは海を向いているわけで、普通に行くと最初はみんなこの後ろ姿を見ることになります。むしろ、後ろ姿の方が凛々しく思えるのは私だけでしょうか。

正面から龍馬像を撮影。この日は晴れてはいたのですが、空が霞みがかっていたので、空が白く映ってしまっています。

坂本龍馬像

さて、本来の目的地の桂浜へと降ります。大半の観光客は遊歩道を歩いていて、海岸には誰もおらず、誰もいない一面砂浜の写真を撮ることができました。

誰もいない砂浜

この海岸は潮流が速く遊泳が禁止されているそうで、夏もこうした景色が見られそうですね。

砂浜

桂浜には水族館や、とさいぬパークといった観光施設もあちこちにあります。

水族館

少し離れたところには坂本龍馬記念館があります。こちらは近々リニューアルするようですね。

桂浜の石碑があったところから遠目に見えた神社へと向かいます。桂浜の遊歩道をしばらく歩き、南端のところで白くきれいな橋が見えてきます。

桂浜の遊歩道

桂浜の手つかずの自然とはやや趣が異なった、竜王宮へ至る階段。神々しさを感じる日差しが眩しい。

竜王宮へ至る階段

海上安全、漁業豊登のほか、良縁成就の御神徳もあると言われる海津見神社(龍王宮)。

海津見神社

龍王宮では写真を撮る前にかなり長い間、手を合わせている方がいました。ご利益があるのでしょうか。私も同じようにお祈りしてきました。

ところで、漁業豊登の意味をネットで調べても出てこなかったのですが、どういう意味なんでしょうか。なんとなく、商売繁盛的な意味だとは思うのですが……。

大西洋を一望できる場所に、有名都市の方位が書かれています。南を見ているので、その先にはオーストラリアの首都があることになりますね。

大西洋

陽の光が海面を照らす。波一つない美しい海。

美しい海 海

ぐるりと一周回るように歩いて、再び桂浜公園へ。

桂浜公園

桂浜公園には坂本龍馬像のほかにも、数々の記念碑があちこちに置かれています。四国の歴史には疎いもので、どれも詳しく知らなかったのですが、桂浜という場所は高知と深く関わりがあるそうで。

かつてはこの地が高知の中心地となっていた時代もあったようです。桂浜と言えば「水曜どうでしょう」しか思い出さなかった私は反省しきりです。もう少し、歴史の勉強をしようと思ったのでした。

旅データ