神奈川

【鎌倉】桜だけじゃない♪鮮やかな花を咲かせる「花海棠」を見に行こう!

妙本寺

3月末~4月にかけては、鎌倉全体が最も華やぐ季節。鶴岡八幡宮や源氏山、高徳院、鎌倉山、円覚寺…とさまざまな場所で桜が満開になります。

それに合わせて咲き始める春の花々やモミジなどの新緑も美しいですが、やはり主役は桜。

そんな中、同じ時期に咲く花海棠(ハナカイドウ)が最近密かな人気を集めています。バラ科リンゴ目の高木落葉樹で、姿は桜に似ていますが、桜よりもより鮮やかな桃色~紅色の花を咲かせます。

花言葉の「美人の眠り」がぴったりな、可憐で美しい花の様子は、遠近どちらで見ても素晴らしく皆を魅了しています。

桜の時期から4月いっぱいにかけて楽しめる花海棠は鎌倉でも各所で育てられていて、「三大海棠」なんて名づけられたものも。今回は花海棠が見られるお寺をご紹介します。

光則寺の花海棠

高速時

光則寺は江ノ電長谷駅から徒歩5分、長谷寺の少し先の路地を曲がり、閑静な住宅地にある落ち着いた雰囲気のお寺です。

本堂の前には鎌倉市天然記念物に指定されている、樹齢200年を超えた花海棠の銘木があります。鎌倉三大海棠に数えられ、いっぱいに伸ばした枝にはたくさんの花が咲き、まだまだ衰えを感じさせない美しい姿をしています。

枝が広がりすぎたため竹で支えがされていますが、まるで枝垂れのように見えるところも素敵。いつもは静かな境内に、花海棠の時期にはたくさんの人が訪れます。

kosokuji_2

境内にはまだ若い花海棠も数本植えられていて、これからの成長が楽しみです。また山吹、ミツマタ、スズラン、ツツジ、参道の桜とほかの花々も競い合うように咲いています。

妙本寺の花海棠

妙本寺

妙本寺は大町にある鎌倉時代初期に権勢をふるった比企氏の菩提寺です。

鎌倉駅から徒歩5分ほどと思えないくらい山深く広々とした境内には、祖師堂(日蓮宗寺院に必ずある日蓮を祭った建物)前の左右に植えられた花海棠は枝振りも立派、花づきもとても良く鎌倉三大海棠に数えられるのも納得の素晴らしさです。

妙本寺

またこちらの境内は同じ時期にモミジの新緑が見頃で、背後が山深いゆえの陰影、大きな祖師堂の建物、華やかな花海棠が相まって何とも言えない景色を作り出しているのです。

もみじの新緑

いつまでも眺めていられるくらい味わい深い景色です。また祖師堂外陣(建物周りの参拝用のテラス)に上がって、ここからゆっくり眺める花海棠もきれいです。

海蔵寺の花海棠

扇ガ谷にある海蔵寺は臨済宗のお寺。四季折々の花の寺として有名ですが、本堂前に植えられた花海棠の木はまだ若い木で、年々花づきが良くなっています。後述する安国論寺に代わり三大海棠に数えても遜色ない素晴らしさです。

若く細い枝が横へ広がって少しだけ枝垂れているようにも見えます。小奇麗に整えられた境内ではユキヤナギ、山吹、石楠花、ミツマタ、三葉ツツジなどが咲き、花海棠も合わせて絶妙な配置での眺めが楽しめます。

鎌倉駅から徒歩15分ほどかかりますが、寿福寺や英勝寺といった古刹や、整えたお庭のなどある大きなお宅の前を通りながらの道ゆきは、春先だとかえって楽しいですよ。

ちなみに途中で亀ヶ谷切通しを通って北鎌倉方面へ、化粧坂切通しを通って源氏山公園へ抜けることもできます。

まだまだあります!花海棠が楽しめる場所

大町にある日蓮宗の安国論寺には、少し前まで三大花海棠に数えられる古木がありました。古木ながら毎年花をつける風情ある姿でしたが、2010年にウイルス感染により残念ながら枯れてしまいました。

木は切られて撤去されましたが、何と同じ場所にひこばえが生えてきています。10年後、また素晴らしい姿を見せてくれることを願います。

桜の名所の源氏山公園でも、日野俊基墓~葛原ヶ岡神社周辺に中々大きな花海棠の木があります。ちょうど周辺の桜が散る頃に満開を迎えます。

北鎌倉では東慶寺、明月院といった花が有名なお寺で楽しむことができます。特に明月院の境内にある花海棠は花のつきが多く見ごたえある株です。

大船方面へ少し離れた、玉縄にある円光寺の花海棠も見事です。まだ若い木が数本植えてあって、満開の頃の境内はとても華やぎます。

[mappress mapid=”3″]

おわりに

いかがでしたでしょうか?花海棠をお目当てに鎌倉を散策すると、普段の桜の季節とは少し違った景色も楽しめると思います。春本番の鎌倉を思い切り味わってくださいね。

ABOUT ME
ayamocha
旅が好き&出張の多い仕事のため、国内あちこちに出没しています。たまに海外も行きます。目下の目標は四国に初上陸して、47都道府県全てを訪れることです。各地の楽しい情報をみなさまにお届けできるような記事を心がけます。