南国鹿児島へひとり旅をしてみよう!

鹿児島

南国度 ★★★   自然度 ★★★   グルメ ★★

九州の一番南に位置する鹿児島。九州新幹線開通や、鹿児島空港へのLCCの乗り入れが始まり、鹿児島への旅がさら身近になりました。

鹿児島のシンボル「桜島」

鹿児島のシンボルといえば桜島ではないでしょうか。桜島は国内唯一日常的に噴火している山で、なんと年間900回ほど噴火をしています(1日2.5回ほど?!)。このような山は世界でも珍しいようです。

鹿児島に行けば、かなりの確率で噴火の様子を見ることができます。また、噴火の中いつもと変わらない生活をしている地元の人々もスゴいのです。自然と共に生きるということを感じることと思います。

鹿児島グルメ

鹿児島グルメも忘れてはいけません。さつまあげ、さつまいも・・・。「薩摩:さつま」の名前がついた食べ物は鹿児島発祥の食べ物です。

削りたての氷に練乳をかけフルーツや豆類を盛り付けたかき氷「白くま」アイスもここ鹿児島から始まりました。

圧倒的なパワーが宿る「屋久島」

1993年に世界遺産に登録された「屋久島」。樹齢7200年といわれる縄文杉を始め、圧倒的な自然には文句なしのパワーがあります。

屋久島には山も海もあるので、登山もできるし、カヤックもできるし、ダイビングもできるんです。本格的なトレッキングも楽しめますが、初心者でも気軽に歩けるコースもあるので、自分の好みでレベルを選んで遊べるのも嬉しいところ。

近くにJAXAの種子島宇宙センターがあるので、種子島に足をのばしてみるのもオススメです。

南の楽園「奄美大島」

鹿児島と沖縄のちょうど中間くらいに位置する奄美大島。(沖縄だと思っている人が多いようですが、奄美大島は鹿児島です。)

郷土料理の鶏飯(けいはん)は絶品です。ほぐした鶏の身と錦糸玉子やパパイヤの漬物などいろいろな具をのせたご飯に、熱々のだし汁をかけていただきます。鶏飯を食べるだけのために奄美大島行きたいくらい・・・。

バックパッカー歴15年、訪問国数は65カ国。旅を通し数え切れないくらいの素晴らしい出会いがありました。最近は国内バックパック旅行にハマッってます。日本って深い!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする