ヨーロッパへの旅

現地で食べたい!伝統的で有名なイギリス料理5選

フィッシュアンドチップス

大昔は、イギリス料理は美味しくないというふうに言われていましたが、はたして現在もそうなのでしょうか。

伝統的で有名なイギリス料理を知って、ぜひとも食べてみたいと思いませんか?現地に行ったらぜひとも食べてみたい料理をまとめてみました。

フィッシュ・アンド・チップス

イギリスといえば、「フィッシュ・アンド・チップス」ですよね。そのくらい、フィッシュ・アンド・チップスは有名ですし、地元の人たちにも愛されています。

フィッシュ・アンド・チップスは、とてもシンプルな料理です。白身魚のフライとポテトフライがセットになったものです。塩こしょうは当たり前ですが、最近では酢やサワークリームと一緒に食べている人もいます。

イングリッシュ・ブレックファスト

イングリッシュ・ブレックファストは、イギリスにいるとレストランで必ず目にすることのできるメニューです。もちろん、ホテルでも食べることも可能です。

おもに、目玉焼きやスクランブルドエッグ、カリカリに焼いたベーコン、ソーセージ、マッシュルーム、煮豆や焼きトマトなどといったものは、レストランによっても出てくる種類は違います。

これに、パンやフレーク、ヨーグルトが付いてきます。ボリューム満点の料理です。

イングリッシュ・マフィン

最近では、日本でも食べることができますよね。イングリッシュ・マフィンも、人気の高さから、現在ではいろいろな国で食べられています。シンプルなパン生地の表面にコーンミール(とうもろこし粉)をまぶして焼いてあります。

焼いたあとに、チーズやハム・野菜、またはジャムやクリームなどをはさんで食べることができます。

ロースト・ビーフ

イギリスの代表的なお肉料理といっても良いでしょう。イギリス人は、ロースト・ビーフが大好物です。赤ワインと一緒に煮込んだロースト・ビーフは、お祝いの席や記念日などに家族全員で食べるのが習慣です。

おもに、グレービーソースで食べるのが主流です。付け合わせには、ニンジン、ポテト、えんどう豆などがあります。日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、一度食べると病みつきになる人も多いでしょう。

キドニー・パイ

内蔵系の苦手な人でも、ぜひトライしてほしいものの中に、キドニー・パイがあります。玉ねぎやハーブで煮込んだ牛肉と一緒に、内臓をパイで包んで焼いたものです。ハーブで煮込んであるので、香りも豊かで食欲をそそります。

パイ生地なのですが、ふんわりとしていて食感も良いです。苦手な人もいるかもしれませんが、イギリスの代表的な料理なので、ぜひ!

ABOUT ME
Rue du 29 juillet
女性のひとり旅は最高の時間!そんな時間をみなさまに有意義に過ごしてほしいです。海外数カ国に滞在し、海外・国内旅行の経験からいろいろとご紹介します。