ひとり旅必見!旅の費用を安く抑える4つの方法

旅費を安くする方法

ひとり旅をするにあたってネックになるのが、やはり交通費などの旅費ですよね。どうせ行くのであればできるだけ安く抑えたいもの。

そこで今回は旅の費用を少しでも安く抑える方法をご紹介します。

ツアーを利用する

交通費を抑えて、あちこち行きたいと思った場合、まずチェックしたいのが旅行会社のツアーです。ツアーと一言に行っても、ホテルと航空券のみのものと、観光が全部ついているものに分かれます。

海外と違い、国内のパックツアーの場合は、参加者がそれぞれ固まって話していますし、こちらから声かけしないかぎりつっこんでいろいろ聞いてくる人はほとんどいません。

ホテルと航空券のみであとの移動は自分でやるよりも低コストで旅行できます。

デメリットは、とにかく安いものほどやたらとお土産屋に寄るということです。旅行会社はお土産屋さんからマージンをもらって儲けています。安いにはきちんと理由があるわけです。

よって、観光場所が多いものほど安く、観光場所が少ないほど高くなっています。あえてホテルの出発時間や到着時間を明記していないものが多いので、こういったツアーを使う際は問い合わせていろいろ比べてみましょう。

おひとりさま限定ツアーもおすすめ

数年前からよく見かけるおひとりさま限定ツアーも利用価値大です。面倒な手配は全部旅行会社がやってくれますし、参加者も一人参加の人限定ですから気がラクです。

こういったツアーの場合でも、パックツアーの場合でも、部屋は相部屋ではなく一人部屋にしましょう。

相部屋オッケーのツアーもあるのですが、結構トラブルが多いのでおすすめできません。追加料金を払っても、部屋ではゆっくり自分のペースですごせるので、十分元が取れます。

予約は早めに入れておく

早期予約はだいたい安いものが多く、ホテルや交通費を全体的に考えてみても、一般の料金よりも1割~2割も安いものが出ています。

ひとり旅を決めたら早めに計画を立てて目処が立ったところで予約をしましょう。予約はインターネットがおすすめ。電話や代理店よりで予約するよりもWeb割引などお得なことが多いです。

JR青春18切符を使う

「JR青春18切符」とは、JRが出している普通列車に乗り放題の切符のこと。ただ、いつでも乗れるわけではなく、販売・利用期間が決まっています。

春(3月~4月上旬)・夏(7月下旬~9月上旬)・冬(12月中旬~1月上旬)の期間に利用することができます。

乗り放題なのは普通電車だけでなく、快速列車や宮島行きのフェリーにも自由に乗り降りすることができます。切符の値段は5日分で11,500円。つまり1日2,300円で電車が乗り放題ということです。

ローカル線に揺られながらの旅も良いものです。「青春18」とあるので18歳以下の人しか利用できないと思っている人がいまずが、年齢制限はありません。その時期になると、電車の中で「青春18切符旅行者らしき人」をよく見かけます。

ポイントを使う

何かの会員になっていたり、カードを持っていることでポイントを持っていることがあります。航空券に関していえばマイル、宿泊施設に関していえばカードのポイントなどで支払うことができるでしょう。

今まで貯まっているポイントを使うことによって、お得に旅をすることができます。ポイントが使えるところとそうでないところもあるので、事前に調べてから予約しましょう。

女性のひとり旅は最高の時間!そんな時間をみなさまに有意義に過ごしてほしいです。海外数カ国に滞在し、海外・国内旅行の経験からいろいろとご紹介します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする