ヨーロッパへの旅

チェコの駅でスリグループに遭遇体験!地下鉄に乗るときは気をつけて!

チェコの街

プラハの地下鉄で、実際にスリグループに遭遇したときのことにちょっと触れたいと思います。

旧市街の共和国広場にある地下鉄B線のNamestiRepubuliky駅、ここから一駅先のヴァーツラフ広場にあるMustek駅までの出来事です。

まずは駅のホームまで、このB線はかなり深いところを走ってまして、エスカレーターも非常に早く、ふむ、これがうわさの恐怖のエスカレーターか、などと思いながらホームに着きました。

日曜の午後まだ早い時間で、乗客はまばらでした。電車はわりとすぐに来たので乗り込んだんですが、私と同時に乗った男性が入り口付近に立っていました。

で、次の駅で降りようと、ドアを開けるボタンを押したんですが、10cm強開いただけで、なぜかそれ以上開きません。入り口付近の男性も手伝ってくれて、二人でドアを開けようと1分近くもがいていたと思います。

がらがらだった車内なのに、このときは私の後ろに数人乗客が来てぎゅうぎゅう押されてました。やっとドアが開いて、ホームに降りられて、あ~よかった、と安心。

しかし、降りたのは私だけで、ぎゅうぎゅう押していた人たちは誰一人降りません。ホームに乗るようなそぶりの男性がいたはずなんですが、いつの間にかいなくなっていました。

なんかちょっとおかしいな、とカバンを見ると、なんとファスナーが半分近く開いていて、ジップの袋が少し引き出されてました。しっかりカバンの開閉部を手で押さえていたので、スリも取れなかったと思われます。

貴重品は入っていなかったのですけど、思わずスリグループの連携のよさに感心してしまいました。地下鉄に乗り降りする乗客を狙って、この手の作戦でスリを行っているようです。

後日調べてみたところ、このMusutek駅やバスターミナルのあるFlorenc駅などはスリの出没度が非常に高いのがわかりました。

被害にあわないためにも、地下鉄利用の際は十分気をつけましょう。

ABOUT ME
鈴木雪見
海外旅行は、現在渡航暦76回クリア、年に1,2回ペースで出かけてます。気に入った国のリピが多いです。日本国内も全県あちこち旅行してます。