ヨーロッパへの旅

チェコに行く前に知っておきたいチェコの基本情報

チェコ

ヨーロッパの観光シーズンというと、やはり4月から10月です。

なんといっても一日が長いですし、オフシーズンよりコストはかかりますが、その分動ける時間は倍近くになります。この時期は、オフシーズンだとなかなか寒くてしんどいな、といった地域に行くのが特におすすめです。

今回はおすすめの国の一つとして、チェコをとりあげたいと思います。

チェコ基本情報

チェコの面積は約7万8886平方km、日本の5分の1弱の広さです。

人口は約1051万2922人。民族構成は、チェコ人が96%、その他はスロバキア人、ドイツ人、ポーランド人などです。

公用語はチェコ語です。ロシア語と同じスラブ語派の言語です。首都はみなさんご存知のプラハです。政体は共和制で、2014年4月現在の大統領はミロシュ・ゼマン。通貨は、チェココルナです。1チェココルナ=約5.2円(2014年4月現在)

時差は日本より8時間遅れですが、3月最終日曜から10月最終日曜までのサマータイムの期間は7時間遅れになります。

旅の基本情報

ビザは、観光目的であれば6ヶ月以内の滞在は不要です。また、パスポートの期限は滞在日数以上あれば大丈夫ですが、数ヶ月は残っているほうが安心です。治安は、ここのところあまりよろしくはないので、スリや置き引きには十分気をつけましょう。

水道水は基本的に飲めませんので、ミネラルウォーターを買いましょう。ミネラルウォーターはガス入り(perliva’)とガスなし(neperliva’)がありますから、購入するとき確認しましょう。

チップは、レストランやホテルではサービス料が含まれている場合は不要です。サービス料が含まれていない場合は10%程度で大丈夫です。

電圧は 230Vで、コンセントの形はCタイプがほとんどです。

ABOUT ME
鈴木雪見
海外旅行は、現在渡航暦76回クリア、年に1,2回ペースで出かけてます。気に入った国のリピが多いです。日本国内も全県あちこち旅行してます。