海外ひとり旅ハウツー

海外のひとり旅に持っていきたい!あると便利なグッズ12選

ビザ

安全ピン

安全ピンは急に服がほつれたときなど応急処置的な処理ができます。また、ヨーロッパでもアジアでも、街中でのスリや引ったくり、置き引きなどの犯罪が多発している物騒な都市が結構あります。

人混みの中で、こっそりとファスナーを開けられないためには、南京錠などでカギをかけておくのが最善の策ですが、安全ピンでファスナーの取っ手の部分と布地を留めておくとさっとできて面倒くさくありません。

S字フック

バスや飛行機、電車などの移動時にこまごました荷物をヒザに置いておくのもちょっと面倒というときに、S字フックをひっかければ、あら、楽ちん!

またたとえば部屋の中や、ドミトリーの2段ベッドなど、ひっかけられそうな場所にひっかければ、ハンガーを使ってそれだけで洗濯物が干せます。

特に途上国のトイレの個室ではバックパックの置き場がないとき、フックをひっかければ重い荷物を背負ったまますることもなく、また地面に置いて汚い思いをすることもなくすみます。

大きめのフックのほうが後々便利なので大は小を兼ねて大きいのを買ってくださいね。

ワイヤーロック(チェーンロック)

バックパックなど重い荷物から離れるときに必須です。たとえば、ホテルや荷物室で荷物を置いて外出するとき、移動中のチケット購入の際、電車やバスの中で。

ワイヤーロックでその辺のベンチや柱に荷物を繋いで置けば置き引きや盗まれる可能性も少なくなります。ただし、100円ショップのチェーンロックはその手の人にかかると、すぐに開いてしまうそうなので注意しましょう。

耳栓とアイマスク

バスや飛行機、機鉄道の移動中の睡眠にはもちろん、ドミトリーのホステルでは意外と大活躍します。

というのも、繁華街にあるホステルでは外が夜遅くまで騒がしく、たいていパーティー好きの外国人バッパーがいつまでたっても騒いでいたり、いびきをかく人もいたり、うるさいことが多いからです。

これがあれば、自分で遮って快適な睡眠を確保できます。

ウェットティッシュ

ウェットティッシュは特になくても過ごせますが、海外は日本のようにレストランへ入ると、「おしぼり」が出てくるなんてことはまずありません。

飲む水も有料なところもあるくらいなので、ウェットティッシュがあると便利でしょう。特に衛生面など特に気にする人はあった方が便利です。

懐中電灯

懐中電灯はドミトリーに泊まっているとき、みんなが寝静まって部屋が真っ暗なとき、または朝早く出なければならないときに、部屋の電気をつけることなくほかの滞在者の迷惑になりません。

さらにキャンプをする予定のある人、トレッキングや登山をする人は必須ですね!その場合は頭に着けるタイプを持っていると両手が使えてとても便利です。

また、途上国では停電が頻繁に起こりやすいので持っていると困りません。

いかがでしたか?

国によっても、人によっても自分には必要あるか、そうでないかが分かると思います。これから行く国に必要なものを厳選して、上手に女性ひとり旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

1 2
ABOUT ME
アバター
Rue du 29 juillet
女性のひとり旅は最高の時間!そんな時間をみなさまに有意義に過ごしてほしいです。海外数カ国に滞在し、海外・国内旅行の経験からいろいろとご紹介します。