アジアの旅はまず「バンコク」から

バンコク

「初めての海外一人旅はどこが良いと思いますか?」と聞かれると、私は「バンコク!」と答えることが多いです。

なぜならバンコクは非常に旅行者に優しい町だから。東南アジアの真ん中に位置するタイの首都バンコク。アジアでの旅行を始めるバックパッカーたちの多くはまずはバンコクを目指します。

世界中からバックパッカーが集まる「カオサンロード」

旅好きな人は一度は「カオサン」という言葉を聞いたことがあるのではないかと思います。カオサンとはバンコクの王宮寺院の近くにある300メートルほどの小さな通りの名前です。

カオサンには安価なゲストハウスが集まっていて、宿泊費を安くあげたい旅行者たち(主にバックパッカーたち)が集まります。

ゲストハウスだけでなく、旅行会社、レストラン、カフェ、マッサージ、お土産、ナイトクラブ、なんでも揃っています。お店の多くが夜中まで営業していて、夜でも通りに人がたくさんいるため治安も比較的良いです。

旅行者だけでなく、「英語を話したい」「旅行者が集まるオシャレなカフェに行きたい」という現地のタイ人にも人気の観光スポットにもなっています。ほとんどのお店で英語が通じ、日本語を話せるスタッフがいるお店もあります。

何でも揃う、激安「ウィークエンド・マーケット」

世界の中で最も大きいマーケットの一つである「チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット」。土曜日と日曜日のみ巨大な市場が現れます。出店するお店は多少変わりますが、毎回1万5000店(!)ほどのお店が出ているそうです。

雑貨、アクセサリー、衣類、食品、家具、手芸品、植物、ペット・・・何でもあって、そして驚くほど安いです。もちろん、交渉は必要ですが、それも楽しんでみてほしいと思います。安くてカワイイ雑貨や服に絶対にテンション上がりますよ!

1日ですべてのお店を周るのは到底ムリなので、お目当てのエリアを決めて周ってください。自国で雑貨屋をしているお店の人もたくさん買い付けに来ています。

バックパッカー歴15年、訪問国数は65カ国。旅を通し数え切れないくらいの素晴らしい出会いがありました。最近は国内バックパック旅行にハマッってます。日本って深い!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする