千葉

【千葉】富士山にそっくりな富士塚がある流山のパワースポット「浅間神社」

浅間神社

流山の風情ある町並みの中にあり、江戸時代の初期に創建されたパワースポット、浅間神社。ここがパワースポットと呼ばれるのは「流山の富士山」と呼ばれる富士塚があるからです。

富士塚

江戸時代中期に富士山信仰(不死に通じ、極楽浄土御利益を求める信仰)が流行となっていました。流山では富士登山ができない人のために、富士山北口から見た本物の富士山にそっくりな「流山の富士山」を作りました。

この場所の山頂にある浅間大神に参拝すれば、富士山に登ったのと同じ御利益が得られるとされています。

案内板

注意書きがありますが、ここは富士山の頂上から運んだ本物の噴火ボク石を積んでいます。

注意書き

そして、この場所は新選組近藤勇が流山の本陣とした醸造家鴻池家(現近藤勇本陣跡)ともそれほど離れていない場所にあります。

慶応4年4月3日、新政府軍はこの神社裏(ちょうど富士塚があるところあたりでしょうか)そこへ本営を置き、錦の御旗(天皇軍の旗)を立てて近藤勇の本陣を包囲したといわれています。

そんな新政府軍が本営を置いた場所付近にあるのがこの富士塚です。

富士塚

この流山本町周辺には歴史的な建造物がいくつもあります。訪問のついでに、歴史ある土蔵を使ったギャラリーやカフェなどに寄り道するのもおすすめです。歴史の緊迫感を感じながら、ゆっくりとした蔵めぐり。おすすめです。

旅データ