ヨーロッパへの旅

アメリ気分を味わえる!パリにある映画「アメリ」のカフェに行ってみよう!

フランス映画で有名な、「アメリ」を知っていますか?

2001年に公開されて以来、女性のハートをつかんでいるアメリ。映画の中では、ノスタルジックな雰囲気や、パリのかわいい風景も映っています。

その映画の中でアメリが働いているカフェ「カフェ・デ・ドゥ・ムーラン」がパリにあるのです。今回は「カフェ・デ・ドゥ・ムーラン」についてご紹介したいと思います。

Café des Deux Moulin(カフェ・デ・ドゥ・ムーラン)への行きかた

2

まず、メトロの駅を降りると驚くことに目の前にムーラン・ルージュ(Moulin Rouge)が現れます。ここで写真を撮って、観光気分を味わいましょう。そこから、Lepic通りを上に上がっていくとアメリのカフェが見えてきます。

基本情報

  • 住所:15 rue Lepic 75018 Paris
  • 営業時間:月曜~金曜7:00~翌2:00、土曜7:30~翌2:00、日曜12:00~翌2:00
  • メトロ最寄り駅:「Blanche」2番線


大きな地図で見る

カフェ・デ・ドゥ・ムーランの外観

カフェ・デ・ドゥ・ムーランの外観はこんな感じです。

1

近くには、パン屋さんがあったり、花屋、雑貨屋、八百屋、魚屋などがあり、まさに地元の人たちが暮らしている雰囲気を味わうことができます。

観光客が多いのも魅力の一つ

基本的に、パリのカフェに観光客が集まる光景はあまり見かけることがありません。カフェは、生活スタイルの一つで、まさにコーヒーなどを飲んで一息つく場所。しかしながら、カフェ・デ・ドゥ・ムーランの場合は観光地化されているといっても過言ではありません。

しかし、それが魅力の一つなのです。ほかの国の人に出会うこともできますし、日本人観光客にも会うことのできる貴重な場所。異文化体験ができるといっても過言ではないのです。

店内の雰囲気

3

カフェ・デ・ドゥ・ムーランの店内は、奥の壁にアメリのポスターが貼ってあります。まさに、ザ・アメリです。これを求めて世界各国から来る人もいるのですから、やはりアメリの魅力は素晴らしいですよね。テーブルクロスも素敵で工夫をこらいしています。持って帰りたくなるでしょう!

メニュー

カフェ・デ・ドゥ・ムーランは、その名前の通り「カフェ」なので、食事というよりは飲み物や軽食を食べる場所です。やはりおすすめなのは、アメリも食べていたクリームブリュレ。

4

焦げ目をスプーンでカリッと割って食べるのが醍醐味です!ほかにも、コーヒーやカフェオレなども飲むことができますし、軽食であればサラダや軽いランチメニューもあります。

ぜひ、アメリ気分を味わってみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
Rue du 29 juillet
女性のひとり旅は最高の時間!そんな時間をみなさまに有意義に過ごしてほしいです。海外数カ国に滞在し、海外・国内旅行の経験からいろいろとご紹介します。