北海道

【札幌】広い空と鮮やかな紅葉に染まる秋の札幌を散策する

札幌

札幌は人口およそ200万人が暮らす北海道の中心都市ですが、街なかの自然の多さは、さすが北海道。都心では旅に出ないと見られないような風景を街なかで楽しむことができます。そんな秋の札幌をじっくり楽しむために、歩いて散策してみました。

秋晴れの空にそびえる「テレビ塔」、大通公園の端にあります。赤い鉄塔と青い空、並木の紅葉が美しいコントラストを見せていました。

テレビ塔

札幌駅から徒歩15分ほど、南北に伸びる大通公園は、広々とした気持ちのいい空間。観光客や地元の人たちがのんびり思い思いの時間を過ごしています。

大通公園

遠くにはスキーのジャンプ台で有名な大倉山も見えています。この大通公園は、YOSAKOIソーランまつり、オータムフェスト、雪まつりなど、季節ごとに開催されるイベントの会場にもなっているそうです。どれも全国的に有名なイベントですね。

大きな噴水もありました。空が広いせいか、どこか外国のような風景です。

大きな噴水

大通公園を歩いていると白い馬を発見!

白い馬

実は観光用の幌馬車を引いて走っているのです。シャンシャンと鈴の音を鳴らして走る姿は札幌の風景にとても似合います。時計台や赤レンガ庁舎など、札幌中心部の人気スポットを1時間ほどで回ってくれるそうです。ゆっくり観光するなら馬車も良いですね。

私も1時間ほど大通公園を散策したり、ベンチでのんびりしてから「赤レンガ庁舎」に向かいました。大通公園とJR札幌駅のちょうど間くらいにあります。

赤レンガ庁舎

名前のとおり、赤いレンガのモダンな建物です。リニューアルした東京駅にも雰囲気が似ています。建てられたのは、今から130年ほど前の明治21年。アメリカ風ネオ・バロック様式といわれる建築だそうです。北海道開拓使のシンボル、赤い星が外壁に刻まれています。

赤レンガ庁舎

やはり人気の観光スポット。写真撮影に列ができていました。海外からの観光客の方もとても多かったです。海外でも北海道は人気なんですね。

ちょうど収穫時期。各地の特産品をアピールするブースもありました。迎えてくれたのはかわいいゆるキャラたち。

ゆるキャラ

写真奥のゆるキャラが気になって調べてみたところ、道北にある中川町のゆるキャラ「ジュエル」でした。どうやら妖精のようで、中川町にはいっぱいいる(という設定)だそうです。かわいいゆるキャラとは一線を画す気になる存在です。

赤レンガ庁舎の前には池のある庭園が広がっています。散策できる道があったので行ってみました。ここも紅葉がきれいです。

庭園

池には紅葉した木々や周りの風景が映り込み、幻想的な景色になっています。

庭園

ベンチもあって、ゆっくり眺めることができました。都会と自然の融合、それが札幌の魅力のひとつかもしれません。

紅葉

魅力的なスポットがたくさんある北海道。ついつい足早にあちこち周ってしまいますが、1日じっくり札幌の街を歩いて散策してみるのも良いかもしれません。特に紅葉の時期はおすすめですよ。