【島根】日本庭園が素晴らしかった!足立美術館は一見の価値あり

足立美術館

正直、美術館は近所にもたくさんありますが、ほぼ興味なし・・・。絵画展や作品展へ行ってもさっと眺めてものの数分で退館してしまう・・・。

そんな美術音痴の私なので、世界的に有名とはいえ果たして美術館はどうだろうと心配だったのですが、実は一番見たいものは展示されている絵画ではなく、日本庭園でした。

そうです、借景です!

借景とは、遠くに見える山などの景色を庭の背景として取り入れる造園技法のことです。足立美術館の日本庭園もまた借景の庭として有名なのです。

館内の日本庭園はもちろん入ることはできず、ガラス越しに見るだけなのですが、撮影は可なので、本当にたくさんの方がカメラを構えていらっしゃいました。

こちらが足立美術館といえば…の「枯山水庭」です。あの、奥に見える山々は実際の山なので、とても遠いところにあります。ですが手前の庭園(丘も含みます)は、館内の庭園です。

館内の庭園

どうですか?
まるで一枚の絵になっているでしょう!?

正面に見える丘に植えられている木は、実際は腰の高さほどもないものなんですって。遠くにあるように見せるために、背を低くしているのです。

もしこの庭園を猫が横切ったら・・・。猫は怪物のように大きく見えるんですって!

もちろん丘は目の前にある庭園なのですから、丘の上に生えている木々とさほど大きさの変わらない猫が悠々と歩くと、そんな光景になるようです。

もちろん猫は歩いていませんでしたし、そんなことよりもこの一枚の絵画のように、計算されつくした「自然の美」に、すっかり目を奪われてしまっているのですけれども。

こちらは「苔庭」。

苔庭

こちらは、さきほどの日本庭園の反対側の「池庭」です。

池庭

「ふつうの」庭園といえば失礼なほど、とても美しい庭園です。若干、あれもこれもとたくさん飾られている気はしますが、見せるための庭園なので、このくらいのボリュームのほうが楽しめました。

右端にちらっと、「亀鶴の滝」もおさめました。岩肌から15メートルの滝が流れているそうです。この滝も人工で作られたそうですが、庭園に滝って・・・!

と、その発想こそ、従来の日本庭園とは違うイメージを持ってしまいました。

日本庭園

窓枠から除くと掛け軸のように見えるなど、あちらこちらに庭園を楽しむ趣向が凝らしてありました。ほんものの自然を眺めるのではなく、人の手も加えた完璧な自然の美を楽しむという贅沢。

なるほど、「美術館」だなあ、と思いました。

旅データ

  • アクセス:安来駅より無料シャトルバスで約20分
  • 入館料:2,300円
  • 開館時間:4~9月/9:00-17:30、10~3月/9:00-17:00
  • URL:https://www.adachi-museum.or.jp/
ミキ

お城やお寺が大好きです。荘厳さや豪奢さも好きですが、どこか懐かしいな、という風景により惹かれます。そのくせ特別拝観と聞くとやはりソワソワするので、「特別」は年に数回の贅沢として楽しんでいます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする